· 

みんなと一緒に考える力

はないく児童クラブ 花育 藤枝市 学童

『自分の頭で考えて、自分で行動しましょう』

はないく児童クラブの先生たちが子どもたちに伝えていることの一つです。

これを1年生の初めから習慣づけすることで、小学生活がより良く充実します。

 

同時に、自分一人だけでは出来ないことがたくさんあることを知って、みんなと一緒に話し合って協力できる社会性を養いながら、問題解決能力を身に付けていくことが出来ます。

 

自分のことだけ考えるのではなく、周りの状況を見て判断すること、友達の気持ちを汲み取って対話すること・・・

 

これらの力は、大人になってからもずっと活きる力となり、子どもたちの武器となることでしょう。

 

みんな「で」というよりも、みんな「と」。

 

 

 

はないく児童クラブは、ただの預かり保育ではない、県内初の高付加価値型の児童クラブという評価を受け、先生たちも飽くなき挑戦と向上心で日々試行錯誤しています。

 

そんな先生たちのちっぽけな後ろ姿を見てくれていたのか、こんなにも、はないく児童クラブ愛が強かったのね、と感激したこともあった2022年上半期。

 

「はないくが好き!先生が好き!」

という言葉は宝物です。

 

子どもたちと親御さんたちの熱い思いに深く感謝することが多く、これが健全育成の本質、本来あるべき姿なのだと学べたことは、貴重な経験となりました。

 

 

 

新学習指導要領にもある『生きる力』は、はないく児童クラブでも開所当初からずっと伝え続けてきたことでもあります。

 


自己中で嫉妬深い無知な大人たちの犠牲になるのは、いつも子どもたちです。

今やテレビの中の話だけではない、というのは子どもたちも周知の事実です。


それを救うのも大人の役目。だから途切れさせてはいけない『児童健全育成』。

 

二極化が進む中で、子どもたちが生き残っていくにはどうすればいいのか。。。

 

 

 

教養や利他の精神は、一朝一夕で身につけられるものではありません。

 


他人事ではなく、自分事として真剣に本気で考えることが出来るかどうかも、育ちの過程が大きく影響します。だからこそ、指導者の高い質も求められます。

 

場にとらわれず、出来ることを少しずつ。

 

心の安全基地をも担う子どもたちの居場所を、これからも大切にしていきたいと思います。  




ココロとカラダを元気に!

困っている人を助けられる

優しい強い人に!


 

【6月以降のレッスン予定】

☆りきや先生が高学年の学習指導の担当になります。

☆6/25花育教室やります!

☆スポーツ教室とダンス教室は、これまでと同じ週1です。

ダンス部の合同練習は月1でやります(≧∇≦)

 

はないく児童クラブ 花育 藤枝市 学童
はないく児童クラブ 花育 藤枝市 学童