· 

感じて心が動く

焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育

ある日、大声をあげて泣きながら児童クラブに帰ってくる子がいました。

お世話になった先生との別れが辛かったようです。

感じて心が動くことを、『感動』といいます。

感じて動いた心を自分なりに表現できて、「あぁ。心が育っているんだな。」と感じた瞬間でした。

 

「別れ」を理解できていたり知っている子もいれば、そうでない子もいます。

「別れ」をすんなり受け入れることを出来る子もいれば、そうでない子もいます。

 

みんなが育んできた心が、離れてもつながっていることを知る機会の1つが「卒所式」や「お別れ会」です。

「お別れ会」で花育教室をしました。

その時、「気持ちがいいね。触って気持ちがいいとかそういうことじゃなくて、自然というか命を感じるっていう意味で・・・」

と表現してくれた子がいました。

表現力や感受性以上に、気持ちを伝えてくれたことに驚きと嬉しさを感じました。

焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育
焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育
焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育

「お別れ会」では、子どもたちがダンスや劇、一発芸も披露!

さすが子どもたち。短い期間でダンスステップのコツを会得!

マニュキアを塗ったり、ヘアアレンジをして準備♬

 

当日直前まで一生懸命練習し、すごく真剣に本番に臨んでくれました。

(追い上げがすごかったなぁ・・・)

 

「この子は将来どんな大人になるのかな?」と楽しみに想像しながら接してきた思いもあり、寂しい気持ちはぬぐえません。

「はないく児童クラブの仲間」たちと過ごした、かけがえのない時間や絆をそっと心の片隅に置いておいてほしいなと思います。

ここでみんなと一緒に学んだこともきっと、今後必要となる力にもつながることでしょう。

帰るまで楽しい時間を共有できたこと、とても嬉しく思います。

焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育