はないく児童クラブ 焼津市 花育
>特別教室 · 2021/07/22
「先生より速く走れるようになりたい!!」 児童クラブ開設当初から続けている走り方教室では、先生たちに少しでも追いつこうと必死な子どもたち。 競走でもドッヂボールでもサッカーでも、先生が入るといい刺激になり、遊びへの方向性ができることで、良い波に乗れます。 先日は珍しく子どもたち一丸となって鬼ごっこをしていました。...

はないく児童クラブ 焼津市 花育
>花育教室 · 2021/07/10
七夕の日。手作りタワーに七夕飾りをして、お誕生会と花育教室を行いました。 七夕と言ったら、カスミソウ! かすみ草が星屑に似ており、七夕伝説に登場する天の川を思わせることが由来です。 今回の花育教室では、そのカスミソウと紫陽花、カーネーションの花びらを使用しました。...

はないく児童クラブ 花育 焼津市
>花育教室 · 2021/06/20
初夏の花育教室では、10年香る「ハーブの女王」ラベンダーのサシェに手紙を添えてプレゼント。 消臭剤やアロマ芳香も楽しめるボトルも作りました。 「優しいってどんな人?」 「本当に優しい人っていうのは、厳しい人の事でもあるんだよ」 そう教えてくれたのは、金八先生大好きな恩師でした。...

はないく児童クラブ 焼津市 花育
>花育教室 · 2021/05/31
春のお誕生会&花育教室♡ 今回も司会者の子の挨拶から始まりました。 最近はみんなで「お願いします」と「ありがとうございます」を伝えることが出来るようになってきました。 挨拶という漢字を知らない子も、 「自分の気持ちを伝えるために挨拶が必要」 「挨拶をして相手が笑顔になると、自分も笑顔になってすがすがしい」 と表現してくれました。...

はないく児童クラブ 児童健全育成事業 焼津市
>花育教室 · 2021/04/25
はないく児童クラブでは、挨拶などの『徳育』面も重視して指導しています。 その徳育の前提となるのが『心』です。 『花育教室』は、お花の習い事ですが、一番の目的は『お花で心を豊かに育む』こと。 「心が豊かってなに?どういうことをいうのかな?」 「綺麗なお花だと思うココロって、だた綺麗だね、って言うこととは違うね」...

焼津市 学童保育 はないく児童クラブ 花育
>イベント · 2021/03/31
ある日、大声をあげて泣きながら児童クラブに帰ってくる子がいました。 お世話になった先生との別れが辛かったようです。 感じて心が動くことを、『感動』といいます。 感じて動いた心を自分なりに表現できて、「あぁ。心が育っているんだな。」と感じた瞬間でした。 「別れ」を理解できていたり知っている子もいれば、そうでない子もいます。...

はないく児童クラブ 花育 焼津市
>はないく新聞 · 2021/03/24
『鬼滅の刃』の塗り絵に作者の先生の言葉が載っていました。 「投げ出さないこと、信じること」 『信じること』と『期待する』ことは、似ているようで全く違うこと。 何を信じるか、信じたいのか、子どもたち自身で考えてもらえたらと思っています。 NiziUのダンスが一息ついたらBTSに移行。 粘り強さを発揮する女の子と、体重移動に苦戦する男の子。...

はないく児童クラブ 花育 焼津 家庭教育支援
>特別教室 · 2021/03/19
3月は、静岡市農林水産部様より、静岡市の木材を使用した積み木をお借りして遊ぶことができました。 独自の感性で、作りたいものを作っていました。 木の特性も学びながら遊びました。 児童クラブに寄付でいただいた積み木で遊んだ際は、すごくまじめに年輪を数えて「〇〇歳っ!!」と叫ぶ子もいました。 花育だけでなく、木育にも積極的に(^▽^)/...

はないく児童クラブ 花育 焼津市学童
>はないく新聞 · 2021/03/18
弊社が静岡県の「ふじのくに家庭教育応援企業」に登録されました。 ◆家庭教育支援とは・・・...

>はないく新聞 · 2021/03/05
3月は帰りが早いので、公園で遊んでいます。まだ寒いこともあり、怪我をしないよう準備体操から^^ 今の時期は、椿やスイセン、ミントなど。砂場で飾りに使ったり、香りの良い花々を楽しんでいます。 お母さんへのお土産に持ち帰っている子もいました。 定期的に行っている防災訓練や防犯訓練。...

さらに表示する