はないく児童クラブ 花育 焼津市

 

□児童健全育成とは?

「すべての子どもの生活の保全と情緒の安定を図って、一人ひとりの個性と発達段階に応じて、全人格的に健やかに育てる」ことです。

具体的には、下記の5つの要素をバランス良く、子どもたちの個性と発達に応じて、増進していくことです。

 

①発達段階で必要なことは経験であることを念頭に、運動を取り入れた指導を行う。

日常生活で、自立して行動できるような体力と、病気にかかりにくいような抵抗力を高め、健やかな身体をつくるような指導を行う。

②不安・緊張感・欲求不満などを持つことのない、安定した精神状態を保ち、人格的な発達をはかる。

子どもが自分で考えたことや感じたことを自由に表現でき、能力を最大限に発揮して、意欲的に生活できるようなサポートを行う。

③子どもの能力や個性に応じて、知識と技術を習得し、生活に必要な能力を高め、品性を身につけ、社会に適応した生活が営めるように導く。

④発達段階に応じて、自分の所属する様々な集団生活の場において、他者との協調性や人間関係能力を高めるよう啓発する。

⑤美しいもの、善い行い、崇高なもの、つじつまの合うものなどを見たり聞いたりしたときに、素直に感動する心を豊かにすること。

 

□児童クラブってどんなところ?

共働きなどの理由により、保護者が昼間留守になる家庭では、放課後や長期休業中のお子さんの生活はとても心配なことです。まして1年生ではなおさらのこと。一人で留守番ができるのか、鍵の開け閉めはできるのかなど、心配の種はつきません。児童クラブは、放課後の健全な育成を必要とする児童が、安全に生活できるようにする所です。子どもたちにとっては第二の我が家であり、指導員たちが親代わりです。「ただいま!」と帰ってきて、おやつを食べたり、宿題をしたり、異年齢の子どもたちと遊んだり、お手伝いをしたりして安全に楽しく過ごすそんな所です。

はないく児童クラブ 花育 焼津市
焼津市学童保育 はないく児童クラブ

 子どものミカタ☆はないく児童クラブ

焼津市学童保育 はないく児童クラブ

□はないく児童クラブの理念と特徴

 「子どもの健全な育成を図る」

 

3つの柱

①子どもの権利を守り、子どもの「遊び・生活・発達」を保障します。

②安心して子どもを生み育てられる地域づくりを目指しています。

③専門性を追求する専任の支援員を配置します。

 

 □事業内容について

 はないく児童クラブは、民間の学童保育や企業主導型保育事業とは異なり、市の委託による児童健全育成事業として運営している放課後児童クラブです。

(1)「地域の子は、地域で育てる」の基本理念に即し、地域と連携して児童の健全な育成を図るものです。

(2)児童福祉法に基づき授業終了後、または小学校の休業日において、保護者が労働等により、昼間家庭にいない小学校に就学している児童及び児童の健全な育成上、児童クラブの利用が必要と認められる児童に適切な遊び及び生活の場を与え、健全な育成を図るものです。

 

《目標》

焼津市の歴史、風土を活かし、また地域に根ざし支えられながら、その特性に応じたあそびや生活づくりを推進し、未来のまちづくりを担う児童の豊かな人間性と生きる力を育むことを目標とする。

 

◇こんな子どもに育ってほしい◇

〇身体と心を思いっきり使って遊ぶ子ども

〇自分で考え、行動する子ども

〇自分の思いを伝え、人の思いを聞く子ども

〇仲間を大切に、一緒に考えあい、協力する子ども

〇自然や生命の大切さがわかる豊かな情感を持つ子ども

〇基本的な生活技術を身に着け、働くことの尊さがわかる子ども

 

《内容》

異年齢の児童が集団での継続した生活を通して、遊びや生活文化を伝え合い、育ち合うことを基本とし、その内容は概ね次のとおりとする。

(1)子どもたちの健康管理、安全確保、情緒の安定を図る

(2)身辺の自立と年齢に応じた生活力を培う

(3)遊びや活動、行事など生活全般を通して、健やかな成長発達を促す

(4)集団での活動を通して、自主性・協調性・社会性を養う

(5)本市の自然風土文化を活かしつつ、地域の特徴を活かした生活づくりをする

(6)子どもの状況を把握し、家庭との連携を図る

(7)学校との緊密な連携及び地域での子どもの生活環境づくりにつとめる

 

《対象児童》

定員20名

市内に在住する小学校1年生から6年生までの児童で、保護者が労働等により昼間家庭にいない児童

焼津市 放課後児童クラブ はないく児童クラブ 花育

はないく児童クラブは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

はないく児童クラブ 花育 焼津市

はないく児童クラブは

豊かな子育ちの場所です

働いている保護者のみなさまは、子どもの就学までは保育園や認可子ども援などで子どもたちの安心な居場所を確保できていたと思います。

その場所は、小学校に入ると学童保育という場所に代わっていくことになります。

 

私たちは 未来ある子どもたちが、仕事のある親が帰ってくるまでの時間を「安心・安全に過ごせる場所」が必要だと思っています。

また「今、この時」しか出来ない体験を、たくさんすることが大切だと思っています。そして何より親子の対話や愛情確認の時間を持つことが必要だと感じています。

 

児童クラブに帰ってきて、すぐに宿題をするのは、家に帰ってからママやパパとたくさん話したり、遊んだりして欲しいからです。そして、宿題でわからないことを後回しにせず「そのとき」にすぐ解決するためです。

遊びの中に感覚統合(複数の感覚を整理したり、まとめたりする脳の機能のことです)を取り入れるのは、心と体の発達を促し、発達の土台をしっかり作ることが大切だからです。

 

子どもにはもともと「成長したい!」「自分でやりたい!」という欲求があり、この欲求に従って、子ども自身がまるで積み木を積み重ねるように、発達段階を踏んでいきます。

子ども自身のチャレンジ精神がとても重要です。

 

花育教室をしているのは、お花やクラフトを通して色や形など眼で観ること、手で触ること、想いを形にすることを感覚的に身に着けていく最良の方法だからです。

そして、子どもたちはまだまだ大人のように言葉で自分の思いや考えを上手く表現できません。

しかし、色や形を選ぶことで本当の自分の思いを思い切り表現できるのです。そして、気持ちをリセットします。

 

放課後を学校から家に帰るまでの単なる時間つぶしの場所でなく「子どもたちの子ども自身がものごとに出会った時に何をどうするか、先が見えなくても子ども自身が何を選んで前に踏み出すかを最も大切にしています。 

 

「生きる力」の源には、理屈ぬきで、○○が大好き!という子ども自身の実感が含まれています。(それぞれの大好きはみな同じではないですよね)

 

子育ちとは自らが生きようとする力であり、それは自身が伸びようとする選択的、主体的な力にほかなりません。こどもの内側からあふれ出す感情や感覚を、のびのびと外に開放する中で、肯定的な感情を育んでほしいと思います。

はないく児童クラブ 花育 焼津市

~指導方針~

わたしたちは『健全育成』のプロを目指し、日々精進しています。

知識と経験豊富な専門家が、子どもたちの日々の生活をバックアップします。 

はないく児童クラブ 花育 焼津市
ダウンロード
支援員としての心得.pdf
PDFファイル 264.4 KB
ダウンロード
子どもとの接し方.pdf
PDFファイル 253.6 KB

【例:子どものケンカへの支援のポイント】

対応を考える前に・・・・

①どんな場面?(玩具の取り合い、ちょっかいを出された、ルールを破った)

②どんな感情?(カっとなる、我慢できない、羨ましかった)

⇒子どものケンカは、関係性や感情に目を向ける。

 

支援のポイント

①他者理解+②心のケア(支援)→③子どもの気づき

①・・・気持ちを引き出す、他者理解を促す

②・・・感情の高ぶりを和らげる、双方の気持ちへ寄り添う

③・・・自分や相手の気持ちを知る、・お互いの考えの違いに気づく、仲直りの方法や手法を見つける

 

ケンカのゴールは解決ではない

→子どもたち同士がお互いに話し合い、考え合うことができる関係性づくり

ケンカは「トラブル」ではなく、「学びの機会」

はないく児童クラブ 花育 焼津市

学童保育の実情の変化に伴い、随時勉強会を開催しています。

講演や研修のご依頼も承っております。

焼津市 学童保育 はないく児童クラブ